小学生からの英語  勉強方法

小学生からでも間に合います!!

2020年の政府の教育改革により小学生の3年生から外国語活動として始まり、小学生の5年生からは必修化となります。それだけではなく大阪府内の中学受験においても英語を受験科目にすることを検討したり、すでに科目の1つとして扱っている学校も増えてきています。そのような時代の流れで英語学習はお子様にとって必須になっています。教育改革前の英語学習では文法や長文読解といった形式が多く見られてきましたが、最近では話す、聞くといった能力が必要になり、そちらの能力を重視しているケースが増えています。では、小学生からどのような英語の勉強方法をとれば良いのか?という疑問をお持ちの保護者様も多くおられるかと思います。参考程度にはなりますが少しご説明させていただければと思います。これからご紹介する勉強方法は実際に効果があったものになりますので、その中からお子様にあった勉強方法を試してみてください。

効果のあった英語勉強方法

カテゴリーに分けて勉強方法をお伝えします

会話力向上の勉強方法

会話力向上の場合は間違いなく英会話教室に通うことをおすすめいたします。会話力を伸ばすためには実際に会話を行うしかありません。小学校の英語の授業や塾では形式通りの会話しか学習できませんが話す相手によっては使う文章はバラバラです、その為、実際に英語の先生を相手に会話を楽しくすることで色々な言い回しや相手の事を理解しようとする能力が養われていきます。ある程度の会話力がついてくれば英会話教室をやめて自力で勉強すのも効果的です。小学生は色々な習い事で大変な時期ですので、手早く英語を覚えるためにも短期間に一気に詰めて英語を勉強するのが最も効果的です。E-freindsでは短期で学習できるように土曜日の10:00-14:00という短期間で集中して英語を学習するためのコースがありますので、ご興味のある方はお問合せください。ある程度会話力がついた場合は、ご自宅で保護者様とお子様で会話してみてください。保護者様は日本語、お子様は英語で発言していくと会話は繋がっていきます。もしお子様の英語が分からない場合はお子様に「今何て言ったか教えて?」という風に通訳をお願いしてみてください。その過程でお子様自身も英語から日本語に変換するという勉強にもなりますので効果的な勉強方法になってきます。

文法力、読解力

上記にご説明した通り会話力の向上の勉強方法としては最初は英会話教室に通う事をおすすめしました。しかし会話ではなく文法や読解ということであれば英会話教室に通うメリットは少ないかと思います。文法に関しての勉強方法としては、やはりテキストを使用するのが最短です。特に海外の小学生がしようしているようなテキストを使うとお子様も興味をもって学習してくれます。しかしこの勉強方法はお子様が小学生高学年または保護者様がお子様が分からない場合に手助けができるという状況が必要になります。理解できないまま、お子様が勉強を続けると英語嫌いになってしまう可能性があります。読解に関しましては、いきなり難しいテキストをするのではなくページ数の少ない小さいお子様むけの絵本から始めてみてください。何冊も読むことで英語への抵抗感がなくなり英語を読むという事への自信がついてきます。

お子様のお悩み、いつでも E-friendsにご相談ください!
Access

1歳半から英語に触れる事ができるので英会話がしっかり身に付きます

概要

店舗名 E-friends
住所 〒573-0083
大阪府枚方市茄子作北町11-28
杉野ビル201
Google MAPで確認する
電話番号 072-894-7917
営業時間 10:00~18:00
定休日 日曜日

アクセス

幼い頃から英語に触れる事により聞き取る力や伝える力を伸ばすことができるので、今までの英語学習よりもより本物に近い英会話を身に付けられます。子供たちに英語に触れて楽しんでもらう事を目標に掲げ、幼いお子様でも安心して通っていただけます。
Contact

お問い合わせ